中日新聞にて震災特番が紹介されました

3月12日(土)の中日新聞朝刊にて、3月11日に放送した3.11防災を考える特別番組「今、つなげる つながる」について取材・掲載いただきました。

鈴鹿ヴォイスFMでは東日本大震災を忘れないために、毎年3月11日には特別番組を放送しています。今回は地元で防災に関わる様々な団体から15人もの方に出演頂き、様々な立場・視点にて取り組みやご意見などを語って頂きました。

ご出演頂いた方(順不同・敬称略)

鈴鹿市長 末松 則子
鈴鹿市防災危機管理監 松下 裕一
鈴鹿市防災危機管理課 馬路 紗也加、中野 彩
防災カンガルー☆すずか 代表 伊藤 理恵
鈴鹿大学 国際人間科学部教授 仲 律子
防災ボランティアネットワーク鈴鹿 南部 美智代
キャンサービス 代表 神田 昌典
久畑防災株式会社 代表取締役 久畑 吉宣
鈴鹿市職員 田岡 淳一(宮城県石巻市に出向中)
鈴鹿市消防本部 消防課 消防グループ員 佐田 尚
みえ防災コーディネーター 戸口 孔二
三重県電器商業組合鈴鹿支部 支部長 浅野 文夫
一般社団法人鈴鹿亀山薬剤師会 会長 藤本 修嗣
社団法人鈴鹿市医師会 防災医療担当理事 木村 英夫

ご出演頂いた方、そしてお聴きくださいました方、ありがとうございました。
鈴鹿ヴォイスFMは今後も鈴鹿市の安心安全を守るラジオ局として、地域の防災に努めて参ります。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

中日新聞3月12日朝刊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter でフォロー

PAGE TOP